ABOUT
COMPANY

LINK&LEAPの実績
※2021年現在、パートナー実績含む
LINK&LEAPプログラムの特徴

グループキャリアカウンセリング


グループキャリアカウンセリングとは、
1対1の面談と違いグループで行う
キャリアカウンセリングを意味します。
「グループ」だからこそ成長し得られるメリットを、
LINK&LEAPは大切にしています。



体験学習を用いたグループ・
キャリア・カウンセリング

ラボラトリー体験学習


ラボラトリー方式の体験学習とは、「特別に設計された人と人がかかわる場において“今ここ”での参加者の体験を素材(データ)として、人間関係を、参加者とファシリテーターが共に探求する学習」として定義されています(津村、2010)。
人と人が直接かかわる体験を通して、自分や他者の行動をふりかえる学ぶ場を提供します。
“今ここ”での参加者の体験とは、参加者同士の相互の直接的なやりとりの中で生まれるプロセス(感情や気持ち、頭をよぎること、言動など)を指しています。
このプロセスに着眼することは、ラボラトリー方式の体験学習の重要な視点となります。

ラボラトリー体験学習
「一般社団法人日本体験学習研究所」より
体験から学ぶとは

体験学習の循環過程


体験学習の循環過程
「一般社団法人 日本体験学習研究所」より
組織を機能させる

ミドルマネジャーが組織開発できるよう伴走します


AIなどのテクノロジーの進歩によって人のスキルの陳腐化が進み、測定可能で数値化できるものは、人が介在する機会が減少しています。
また人は最終的に判断するだけという役割分化も進んでいます。

例えば、スピーチのスキルは、定量化しにくいものでした。
しかし、スティーブ・ジョブズのように心に響くスピーチをしたいと思ったら、AIがテキストマイニングなどを駆使しジョブズのスピーチと比較して何が足らないのか、どうすれば人の心に響くようになるのか教えてくれるようになってきています。

一方、組織を機能させるために必要な要素、空気を読む、モチベーションを上げるリーダーシップを発揮させるなど、「人と組織の知識やスキル」は、今のところ自分自身で試行錯誤して身に着けていく以外に方法はありません。

LINK&LEAPは、経営側と現場との懸け橋であるミドルマネジャーにフォーカスし「人と組織に対する知識やスキル」の向上を様々なプログラムを通じてお手伝い致します。
そして、人や組織が持てる力を充分に発揮できる組織創りに貢献します。

会社概要
会社名LINK&LEAP株式会社
代表者名兵藤雅子
事業内容
  • 企業向け人材育成支援:各種セミナー、研修の企画立案、運営
  • 企業向け採用活動支援:インターンシップ等、各種イベントの企画、運営
  • 学生向け就職活動支援:キャリアコンサルタント、企業イベントの仲介
所在地〒231-0839 横浜市中区仲尾台
連絡先info@linkandleap.com